ミニマリストに憧れる人に憧れる妻と共に

ミニマリストをお手本に生活改善に取り組むブログ

夫婦でPayPay 途中経過

第2弾 100億円 キャンペーン

https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/

 

便乗して、PayPayを利用しています。

PayPay残高が付与されるまでには時間がかかります。

2月利用が3月20日頃に付与されます。

f:id:minijiro:20190322111023j:image

 

今回は、2月利用分 夫婦の『お得』を計算しました。

 

◆結果

≪僕≫

利用額 4,199円

PayPay付与額 2,336円

還元率 55.6%

 

PayPay利用回数 12回

やたら当たるくじ 当選回数 0回

 

〜PayPay付与詳細〜

   500円 利用開始特典

1,000円 チャージキャンペーン

   836円 買い物

 

≪妻≫

利用額 8,901円

PayPay付与額 2,764円

還元率 31.0%

 

PayPay利用回数 8回

やたら当たるくじ 当選回数 1回

 

〜PayPay付与詳細〜

      500円 利用開始特典

   2,264円 買い物

 

◆夫婦でPayPay

最初は 僕のお小遣いを賢く使う為に始めました。

使い始めると、どの店舗で使えるのかを気にするようになりました。

日々の生活で よく利用する店舗でも 使えることに気づきました。

「これは妻もやるべきだ!」

スマホ決済 妻は苦手分野…

妻に「やってみよう」と思わせるのが難しんですよね😅

苦手意識があると 話しが頭に入りにくいし、お得情報に疑いもあります。

妻に、生活費でもPayPayを利用するようにプレゼンしました。

■こーゆー時 妻をその気にさせるコツ

  1. 難しい事は説明しない
  2. メリット提示も簡単に
  3. システム開始の手続きは一緒に
  4. 最初の利用も一緒に

 

☆愚痴🤫

ゆうちょ銀行からPayPayにチャージする手続きを一緒にやりました。ゆうちょ銀行の暗証番号のところで、

妻「何番?」

って聞くんです😮

妻の全ての暗証番号の数字まで把握してないわ‼️と思いつつも、

「いつもの番号じゃない?」と伝えました。

暗証番号が違っていました💧

妻 不機嫌😑

「そこ 僕に怒るところー⁉️」

3回目のチャレンジで何とか難を逃れました😢

 

後日、ATMで一緒に暗証番号を変更しました。(めでたし♪めでたし♪)

 

◆PayPay残高付与を家計でどう考える?

  • ポイントで買った分でも『費用』に算入します 

PayPayで買う項目は、家計で考えると■食費■日用品がほとんどです。

この項目は、日々の節約項目になりまります。

「ポイントで儲けた分、コレ買おう♪」

「ポイントで儲けた分、贅沢しよう♪」

など、節約している意味がありません。

 

PayPayのポイント付与分は、トータルで計算して

「〇,〇〇〇円お得だったね♪」

と、考え 精神的な部分で貢献させます。

 

正確な家計簿にしたいのであれば、ポイント付与分を『収入』に算入させれば いいと思います。

 ※僕のPayPay利用はお小遣いなので、『お得になった分』は『お得に使ってます』😅

 

◆PayPay(スマホ決済)感じたこと

  • 無駄遣いの可能性

誰もが感じると思いますが、現金と違うので「つい」を無くさないといけないです。

  • 逆に面倒な店舗もある

こちらがQRコードを読み込む方法ならまだ許せますが、店舗側がQRコードを読み込むパターンは 時間掛かります💧また、昼間のパート店員さんが慣れてない事が多いです😅

  • とりあえずキャンペーンまで

PayPayのキャンペーンが終わっても、まだ使い続けるか?と言われると…

正直微妙です💧もっと簡単 便利になってほしい…

  • まだ、1つに絞れない

僕が使えるスマホ決済でも、PayPay、 楽天Pay、メルPay、auウォレット(QUICPay)、クレジットカード(QUICPay

があります。便利でお得なのを使いけど、まだ「コレ!」とは決められないです。

 

  1. 地元 田舎 店舗店員さんのレベルUP
  2. 妻のスマホ決済 耐性UPの育成

この課題をクリアして、スマホ決済を僕たちの生活に浸透させたいと思います♪